カテゴリー: Uncategorized

せっかく坊主にしたのに強い光が当たると髪の毛の濃さの違いが露わに

薄毛が酷くなった数年前に心機一転頭髪を全て刈り上げ坊主となり、早数年。

日常生活でもオフの外出でも、特に薄毛に対しコンプレックスを感じる事は少なくなったのは事実ですが、それにも条件はあります。

それはあまり強い光線が頭皮に当たらないという事。

直接日照が頭を照らさず、普通に明るい程度の状態であれば、坊主頭にまで髪の毛を短くしてしまえば、部位による髪の毛の濃さの違いも打ち消され、他人の視線を浴び易い環境下でも比較的堂々としていられるもの。

ただ西日が強くなる等、頭皮に受ける日照が強くなる環境下では、立ちどころに髪の毛の濃さの違いが強調されてしまい、他人の視線をかなり嫌に感じてしまうものなのです。

元々髪の毛が細く薄い部分に強烈な光が当たると、それらの存在も無に等しくなってしまい、殆ど何も生えていないに等しい振舞いをしてしまいます。

つまりその部分が強く光を反射し完全に禿げて見えてしまう一方、側頭部のある程度太い髪の毛が残っている部分が相対的に黒く残り、せっかく坊主頭にしたのに、周囲から見ると落ち武者具合が強調される結果になってしまうのです。

強い太陽光が入る洗面所の中で、自ら鏡を見てチェックしたのですから間違いはありません。

ですからオフの外出の際も、強い太陽光や照明が入り易いエリアでの行動では未だに帽子を脱ぐのが不安で、あまり堂々としていられません。

最近は室内でも照明効果をふんだんに取り入れているショップや施設が多くなっていますから、油断出来る場所があまり無く、心労も大きくなってしまいます。

細くなった髪の毛を太く見せるふりかけ等のアイテムもありますが、普段から好きで被っている帽子との相性は最悪。

またそこまでして薄毛を誤魔化したくないという思いも強く、中々使用に踏ん切りが付かないというのも事実です。

一時は借り上げ方の差を上手く活かし、髪の毛の濃い部分と薄い部分の差を少なくしようと頑張っていたものですが、その差も強い太陽光の前では圧倒的に効果が薄い、という事が判明してからは一切止め、普通にストレートに刈り上げる様になりました。

いずれにせよ、その状態の自分の頭を素直に受け入れるのが一番という事で、現在はなるべく髪の毛の事は頭から除外して過ごす様心掛けています。

気分が落ち込んでいたり、強いストレスを感じている時程髪の毛を気にしてしまい、結構難しいものなのですが、自分が思っている程に他人は自分の頭を気にしていない、という事を信じて頑張ってゆくしかありません。

薄毛に神経質になって対策を講じる一方達観した心も

一旦薄毛化が始まるともう止まらない、という事はこれまで見たり聞いたりした周囲の体験談から見ても明らかでしたから、自分自身が30代に入って薄毛化が始まった時、来るべきものが来たか、とむしろ冷静に状況を分析出来ていた様な気がした一方、強めな自意識と今後どう折り合いを付けて生きてゆくべきか、結構真剣に悩んだものでした。

元々頭が大きかった事もあり、下手にファッションに気を使っても似合わないだろう、と諦めていたのですが、薄毛化が進み頭がみすぼらしくなってくると、逆にファッション面で少しフォローしてあげないと欠点ばかりになってしまう、と、案の定神経質に考え出してしまいました。

結局何かしなければ、という思いが先に立ち、薄毛が目立たない様思い切り短く刈り上げる一方、筋トレを欠かさず行い上半身を逞しくデカ頭が強調されない様努め、同時にファッションにも気を配り、むしろ爽やかな印象を周囲に与えられる様にしたのでした。

筋トレはともかく、ファッションと言ってもそう難しい事は考えず、これまでの半ば投げやりなダボダボな服を着るのを止め、身体のラインがスッキリ見えるスリム系の服で全身を纏め上げる、という方向性で服をチョイスし始めました。

それにより強調されがちな頭の大きさは、刈り上げて髪のボリュームをほぼゼロに抑える事と、筋トレによる上半身の拡大で何とかフォロー出来ないかと考えました。

結局そこまで理想的にフォローする事は出来なかったのですが、それでも服をシュッと綺麗に纏めるという意識が定着し、街中に出ても薄毛を恥ずかしがらずに済む程度の自信を植え付ける事が出来ました。

筋トレのせいで身体が引き締まり随分と健康的になりましたし、常に髪の毛も短くした事で薄毛に対する自意識が随分と軽減されているのを感じました。

自分に次第に自信が蘇ってくる事によって、人は人、自分は自分という割り切りが出来る様になったのが大きいでしょう。

達観する事によって自分の薄毛をメンタル的に克服出来るというのは、ちょっと悲しいものですが、当面薄毛の医療的な克服が難しいという事実があり、唯一の解決方かも知れません。

ちょっとテレビをつければ薄毛や禿げ坊主のタレントや有名人がスタイリッシュな服に身を包み、堂々とコメントしたり動き回ったりしています。

彼等のレベルにまでなれという訳ではありませんが、それらの半分でもパワーを貰い、自分も堂々として生きていきたいもの。

身体を直接害する病気では無いのですから、メンタルの持ち方一つで元気になれる筈なのです。

育毛剤は薄毛の原因に合わせて選ぶと効果的です

育毛の定番と言えば育毛剤ですが、どれを使っても効果は同じという事はありません。

育毛剤は意外にその種類が多く、効能が違うという場合も多いんです。

例えば、男性に一番多いと言われている薄毛の原因はAGAです。

AGAは男性ホルモンの影響で起こる薄毛と言われています。

なので男性ホルモンをどうにか出来なければ抜け毛が止まる事はありません。

その為の私文が育毛剤に入っているかが重要というわけです。

安い育毛剤などはほとんどの場合そういった成分は入っていません。

だからこそ安いとも言えますが、そういった育毛剤をどんなに使っても抜け毛が減る事はありません。

AGAが原因の場合は必ずAGAに有効な成分が入っている育毛剤を選ぶというのが大切です。

薄毛の原因で次に多いのが血行不良です。運動不足、喫煙、目の使い過ぎ、ストレスなどで血管が縮小してしまって、結果髪の毛に必要な栄養が運び難くなって抜け毛になります。

このタイプの薄毛の場合、血管を拡張する効果や毛根に栄養を与えるタイプの育毛剤が効果的です。

AGAに特化した育毛剤では抜け毛が減りませんので注意が必要です。

このタイプの薄毛の場合、栄養不足が原因ですのでそれさえ育毛剤によって解消出来れば薄毛を解消出来る可能性は高いです。なるべく早く使い始める事でその可能性は上がっていきます。

そして、あまり多くはありませんが、頭皮環境の悪化による薄毛という事もあります。

頭皮環境が悪くなり、頭皮がパリパリになってしまっている人がこのタイプの薄毛の可能性が高いです。

頭皮も肌ですので、乾燥などにより大きなダメージを受けると毛根が弱ってしまい抜け毛に繋がってしまいます。

ですので、このタイプの薄毛の人は頭皮環境を整えるタイプの育毛剤が効果的です。

他の育毛剤は刺激が強く、使うと余計頭皮にダメージを与えてしまって抜け毛に繋がるという場合もありますので気を付けて下しさい。

刺激が無い漢方が主成分の育毛剤や、保湿成分が配合されている育毛剤が効果的ですので、そういった育毛剤を選ぶようにして下さい。

薄毛にはこれらいくつかの原因が重なっているタイプの人もいます。

そういった人はちょっと高価な育毛剤の使用がオススメです。高価な育毛剤にはこれらすべてに効果がある成分が配合されている場合が多いです。

もちろん全ての高価な育毛剤がそうというわけではありませんので、購入前にはその効能をよく調べて下さい。

今は公式サイトなどがありますので簡単に調べられると思います。

新しく毛を生やすより抜け毛を減らす方が重要

長年育毛をしていて気が付いた事ですが、新しく毛を生やす事よりも、いかにして抜け毛を減らすかの方が重要です。

もちろん毛を生やすのは大切な事ではありますが、どんなに頑張っても髪の毛が抜けるペースを上回って髪の毛が生えて来るなんて事はないという事に気が付いたんです。

ですので、髪の毛を増やしていきたいと思った場合、抜け毛を減らす事に力を入れた方が良いと思います。

と言ってもやる事は髪の毛を生やすのも抜け毛を減らすのもそんなに変わりません。

育毛剤を使ったり、頭皮環境を整えたり、血行を良くしたりと一般的な育毛方法で問題ありません。

ただ、シャンプーや整髪用などには気を使う必要があります。出来ればその辺は使わない方が良いとさえ思います。

特に整髪料は毛穴に詰まって頭皮が炎症する事が多いので、よっぽどのことが無い限り使わない方が良いです。抜け毛の事を考えたら何もメリットはありません。

それから、育毛サプリなどの髪の毛に必要な栄養は積極的に摂っていった方が良いと感じています。

それにより必要な栄養素が必要な分だけ足されるようになりますので、結果抜け毛はかなり減ります。

それだけで薄毛が改善される事はまずありませんが、その大きな手助けにはなると感じています。育毛サプリとして売られているものだけではなく、単品で売られているサプリなんかでも効果は同じだと思うので、予算に余裕がある場合は積極的に購入して飲んだ方が良いです。

紫外線を防ぐのも抜け毛防止には効果的だと感じています。

これは帽子をかぶるだけで出来るお手軽なものですので、是非すぐにでも実践してもらいたいです。

紫外線を防ぐ事で細胞が受けるダメージをかなり少なくする事が出来ますので、髪の毛の色艶が全然違ってきます。

紫外線防止で帽子を数日かぶるだけでも髪の毛が立ちあがるようになってきましたし、その効果は大きいのではないかと個人的には思います。

帽子をかぶる時の注意点ですが、蒸れるような帽子は避けた方が良いです。

蒸れによる抜け毛は多いとは思いませんが、無いとは言えません。

なるべく通気性の良い帽子を選んでかぶるのが無難です。また、白よりは黒の方が遥かに多くの紫外線を防ぎますので、色にこだわりが無いようなら黒い帽子を選んだ方が良いです。

帽子は長時間かぶると髪の毛が確実にペチャンコになりますので、人前で帽子を脱ぐ必要が無い時に限られますが、長時間屋外で作業する人なんかは必需品だと思います。

抜け毛を減らせればゆっくりとではありますが髪の毛は増えて行きやすくなりますので、髪の毛を増やしたいと思うのなら是非抜け毛対策に力を入れてみて下さい。

数か月でだいぶ変わってくると思います。

育毛は継続しなければすぐに元に戻ってしまいます

育毛に必要な事は継続です。

いかに効果がある事でも短期間やっただけでは意味がありません。

植毛のような手術などの場合は別ではありますが、基本的には一生同じ事をやり続ける必要があります。

そのような事から、なるべく続けやすい事をやるというのが育毛には大切になってきます。

出来るだけ簡単に出来る方法である事、金銭的に負担になりすぎない事、何かを使う場合はそれが手に入りやすい事などが重要です。

育毛の効果が出始めるまでの期間ですが、これはやる事で大きく変わってきます。

例えばHARG療法だと3か月くらいで効果が出ると言われています。

育毛としてはかなり早い部類です。新しい髪の毛が生えて来ますので、その効果も非常に分かりやすいです。

今ある髪の毛も太く育ちますので、薄毛が回復したと実感するまでの期間は一番短く感じるのではないかと思います。

育毛剤の場合は効果が出るまでに半年以上掛かるのが普通です。

3か月で髪の毛が増えたなんて書き込みをネットで見かける事がありますが、それはかなりの例外と言って良いと思います。

通常髪の毛が生えて来るのに数か月掛かりますし、抜け毛が止まったからとそんなにすぐに髪の毛が増えたと実感は出来ないと思います。

人によっては効果が実感出来るまでに1年なんていう事もあり、それは珍しい事ではありません。育毛剤は気長に使うものなんです。

しかし、育毛剤と併用して育毛サプリを飲んでいたりする場合は別です。

育毛サプリで髪の毛に必要な成分をしっかりと摂取していれば髪の毛は根元から徐々に太くなりますので、3か月くらいで髪の毛が多くなったなと感じる事も多いです。

運動などで血行を良くしたりする場合も同じで、やはり育毛剤だけの場合よりも効果が出たと実感するのは早いです。

それらはどれも一度効果が出たらやめて良いというものではありません。

どの方法にしても止めてしまったらすぐに効果は無くなり、徐々に以前のような薄毛に戻ってしまいます。

髪の毛が増えるのは遅くても、減るのはあっという間です。

また初めからになってしまい、それまでの努力が無駄になってしまいますので、育毛は一度始めたら出来るだけ長くやるように心がけて下さい。

その育毛方法は何も同じ事をやり続ける必要はありません。

例えば、育毛剤で頭皮環境を整えたら抜け毛が減ったという場合、育毛剤を使い続けなくても、同様の効果のある育毛シャンプーなどに切り替えても問題はありません。

同じ効果のある事を長期間続けるというのが大切です。